乳酸菌とスポーツ

乳酸菌はスポーツ選手にとっても欠かせない栄養素です。例えば、どのようなスポーツであっても試合を控えた前日の選手なら、極度の緊張やストレスを感じてしまうのは当然のこと。これらの精神的負担が腸内環境に悪影響を及ぼし、下痢を引き起こしてしまう選手はすくなくありません。スポーツをしているなら、コンディションを整えることが重要です。そのためには、腸内環境も整えておく必要があります。そこで活躍するのが乳酸菌です。腸内の善玉菌を増やすため、緊張やストレスに負けない腸へと変えてくれるでしょう。また、スポーツ選手のコンディション作りには食事も欠かせません。高タンパク、高脂質なものを中心とした食生活をおくることでエネルギーを蓄えられる身体をつくります。しかし、タンパク質や脂質を餌にして増殖するのが悪玉菌です。善玉菌よりも悪玉菌が優位となれば、当然のことながら腸内環境は悪化してしまいます。ここでも、乳酸菌が活躍してくれるのです。乳酸菌はタンパク質や脂質の吸収率を高める効果もあるのです。効率的に食事から栄養を吸収して、腸内環境を整える。そうすることで、スポーツ選手のコンディションを整える。だからこそ、スポーツ選手にとって乳酸菌は欠かせない栄養素なのです。

乳酸菌の効果的な摂取方法

人間の体内には乳酸菌が存在しており、減少すると健康に様々な悪影響が引き起こされていまします。例えば、乳酸菌が減少することで悪玉菌の数が優位となり、腸内環境が悪化します。便秘や下痢、酷い場合には大腸癌を患ってしまう恐れもあるのです。また、便が腸内に蓄積すれば、出口を失った毒素は全身の毛穴から出ようとします。健康だけでなく、美容にも悪影響がもたらされてしまうのです。だからこそ、毎日の習慣として乳酸菌を積極的に摂取することをおすすめします。乳酸菌を簡単に摂取出来る食品として代表的なのが乳製品です。アレルギーをお持ちの方なら、発酵食品からでも植物性乳酸菌を摂取することが出来ます。最近ではサプリメントもあります。どのような方法にせよ、乳酸菌には効果的な摂取方法があり、好きなタイミングで摂取すればいいというわけではないのです。乳酸菌に限らず、細菌は胃酸の働きにより死滅してしまいます。これは、外部の菌から身を守るために備えている本能なのです。しかし、もちろん乳酸菌も胃酸により死滅してしまいます。死滅した乳酸菌が腸に届いても、何の意味もないのです。大切なのは、乳酸菌が生きたまま腸まで届くことです。そうすれば、腸内で善玉菌となり悪玉菌の数を抑制してくれるのです。生きたまま乳酸菌を腸に生き届けるため、胃酸が大量に分泌されるタイミングは避けることがポンとです。空腹時なら吸収率が高いだろうと思って乳酸菌を摂取しては意味がないのです。極度の空腹時や満腹時などを避け、おやつ程度に食事をするタイミングで乳酸菌を摂取しましょう。

 

乳酸菌サプリの効果

乳酸菌を摂ることで体内環境が整います。健康や美容のことを考えるならばまずは腸内環境から整えていきましょう。